So-net無料ブログ作成
霊場を巡る ブログトップ
前の10件 | -

【神仏巡拝】法興山(ほうこうざん) 中宮寺門跡(ちゅうぐうじもんぜき) [霊場を巡る]

[奈良十四番]2019年8月3日 奉拝 (奈良県生駒郡斑鳩町)

古い土壁と堀や水路がある通りは、いにしえの里の様子を思わせる風情ある趣き。
うごうごと元気そうな、いや暑さに喘いでいる?ザリガニも発見。

chuguji1.jpgchuguji2.jpg

夢殿の奥隣に中宮寺の御門があります。
入口で御朱印帳を預けて、中を見学させていただく。
観るべきものは写真にあったあの御仏でしょう。

chuguji3.jpgchuguji4.jpg

お堂に入り、女性職員の方にこれから説明の音声を流しますと案内があり、椅子に一人腰掛け、目の前でアルカイックスマイルを浮かべ半跏で思惟されている菩薩様をじぃーと見る。
艶やかで均整のとれた身体つきと、なんとも柔和で神秘的な表情であります。
日本最古の刺繍とされるものの説明も聞き、推古天皇の頃なら1,400年以上前かぁーと思いながらその写真もまじまじと観察。

chuguji5.jpgchuguji6.jpg

ここが尼寺ということもあるのでしょうか、境内に詰めておられる方々は皆女性職員さんでした。
その方達から帰りに御朱印帳を受け取り参拝終了。
御朱印帳には亀さんも。
お堂の池は工事中で水が抜かれていたので、残念ながら亀さん達はどこかにお引っ越し中だったようですね。


以上で斑鳩の里巡礼はおしまい。
ほんとうはもう少し里を歩き周り、法輪寺と法起寺を参拝し、藤ノ木古墳も見ておきたかったし、何よりも法隆寺の宝物の数々はきちんと隈なく見学したかったのですが、奈良市内で昼食の予約を入れてしまっていたので致し方なし。
それに午前中でさえ恐ろしい暑さ、バス停でバスを待つだけでも地獄だったので、どのみち里の散策は厳しかったでしょう。
いつか秋の夕暮れなんかに歩いてみたいと思いましたが、それでも、里の真夏の朝の雰囲気を少しは味わえたかと思うので、やはり早起きして来てよかったです。

nice!(2)  コメント(0) 

【神仏巡拝】法隆寺(斑鳩寺) [霊場を巡る]

[奈良十三番]2019年8月2日 奉拝 (奈良県生駒郡斑鳩町)

猛暑日になるというのに、この日も朝早くからお出かけ。
まずは難波に出て朝食。
ゴミ収集車だけが活動的な寝静まった繁華街。
地下街もガラーンと、荒廃した地球に独り……的な感じ。

horyuji1.jpghoryuji2.jpg

朝マックを胃袋におさめ、この日は近鉄電車で奈良斑鳩の里を巡礼予定。
近鉄筒井駅からバスで法隆寺へ。筒井駅はこのあと忘れられない駅になる。

horyuji3.jpghoryuji4.jpg

国道25号線沿いから直角に伸びる松並木は見覚えのある眺め。
進んで行けば南大門、くぐってさらに進むと中門、その中が金堂と五重塔と大講堂で見学するには拝観料が必要です。

horyuji5.jpghoryuji6.jpg

聖徳太子建立の寺院ということで、日本最古と頭に付くものがたくさん。
お堂も塔も門もあっちもこっちも国宝ばかりで、中に安置されている釈迦三尊像をはじめとする御仏の数々も国宝がずらりです。

horyuji7.jpghoryuji8.jpg

御朱印は回廊の東外側にある聖霊院へ。
朝8時すぎ、お寺の方がお堂を開ける準備に忙しい最中、汗も引かない状況で申し訳ないかぎり。
おなじみの「和を以って……」ですね、いただいていきます。

horyuji9.jpghoryuji13.jpg

近くの郵便局で風景印もいただく。
切手は法隆寺大法蔵院の国宝百済観音像を使いました。

horyuji11.jpghoryuji10.jpg

次はあちらの八角形の建物「夢殿」の近くにある中宮寺に向かいます。

なお、夢殿は聖徳太子の斑鳩の宮跡に太子供養の為に造られた伽藍で、太子信仰の聖地的な位置づけにあるということです。

nice!(7)  コメント(0) 

【神仏巡拝】朝日山 平等院 鳳凰堂 [霊場を巡る]

[京都四十五番]2019年7月23日 奉拝 (京都府宇治市)

京阪三室戸駅から一駅、京阪宇治駅へ。
駅を出るとすぐに宇治川と宇治橋。

byoudouin1.jpgbyoudouin2.jpg

橋を渡り、茶屋やおみやげ屋の立ち並ぶ参道を抜ければ、平等院。

世界遺産に登録されている影響か、外国人の参拝者も多く、入口ではチケット販売員さんガイドさんの英語が飛び交いよく対応されておられます。
“今、一部が工事中で見学できないところがあります、それでもいいですか”みたいなことまで(たぶん)。

byoudouin3.jpgbyoudouin4.jpg

お堂の外観が、羽を広げた鳳凰の様だというはわかるが気がします。
目の前で見るのは子供の頃の遠足以来だと思うのですが、あらためて見ると、やはり立派なものだと思います。立派に見える(極楽浄土に見える)工夫がいろいろ施されているのでしょう。
屋根の上も鳳凰もその一つでしょうか。手塚治虫の火の鳥を思い出しました。

また、特定の宗派に属さないせいか、あるいは鳳凰堂の造りのせいでしょうか、なんとなくお寺っぽい雰囲気を感じなかった不思議な印象の寺院でした。

byoudouin5.jpgbyoudouin6.jpg

そして、御朱印にも鳳凰の姿。
入口でいただいた京阪のキップの特典絵はがきには、郵便局で風景印を押印してもらい、そちらにも鳳凰堂と宇治橋です。

byoudouin7.jpgbyoudouin8.jpg

これまたキップの割引特典を活用し、宇治橋を見ながら宇治金時ソフト(カフェ憩和井)もいただく。
スタバも京都宇治モードで。
暑いなぁ~川の水多いなぁ~アリのぼってきたなぁ~と、しばし休憩。

byoudouin9.jpgbyoudouin10.jpg

最後は、おみやげ屋さん飲食店を冷やかしながらJR宇治駅の方まで歩き、駅スタンプをGET。
こちらも鳳凰堂と、先ほどお見かけした紫式部さんですかね。駅前の茶壷の郵便ポストもいいですね。
よき御参りでした。

nice!(8)  コメント(0) 

【神仏巡拝】明星山(みょうじょうざん) 三室戸寺(みむろとじ) [霊場を巡る]

[京都四十四番]2019年7月23日 奉拝 (京都府宇治市)

バイト先の会社はカフェも手掛けているので、時々、パンの試食品をもらうこともあり、この日の朝食にしました。失礼して駅ホームで。
朝食をお腹におさめ、京阪電車で宇治にある三室戸寺へ向かいます。

mimurotoji1.jpgmimurotoji2.jpg

途中、六地蔵駅に電車が入ったとき、朝日に照らされた街並みを見ていて、はっとする。
すべての開口部が黒く煤けた京アニの建物が見えたのだ。
三室戸寺でも手を合わせたいと思う……

開門少し前に到着。
開門と同時に歩を進めれば、山門の端でカナブンがひっくり返っているのがちらっと目に映る。そのうち自然に立ち直るだろうと、気にせずそのまま本堂の方へ。

mimurotoji3.jpgmimurotoji4.jpg

本堂前の蓮の花はまだ少し早いようですが、いくらかはぽっぽっと花が開いておりました。

深くお参り、合掌。
mimurotoji5.jpgmimurotoji6.jpg

お堂の前の「福徳兎」とある狛ウサギさん、玉の中に手を突っ込んで中の卵型の石を立てると心願成就のご利益があるとか。
初老の男にも願いはある。こそっと立てておきました。

mimurotoji7.jpgmimurotoji8.jpg

御朱印をいただき参道を戻ります。
山門では先ほどのカナブンがまだ足掻いていたので、今度はちょっとだけ指を貸してあげて、草むらへ。(達者でな)
穏やかな気持ちで御参りできた、朝一番の三室戸寺でした。

nice!(10)  コメント(0) 

【神仏巡拝】護法山 出雲寺 毘沙門堂門跡 [霊場を巡る]

[京都四十七番]2019年7月20日 奉拝 (京都市山科区)

山科駅周辺は綺麗に整備されていて、良さげな書店もあるし帰りに寄ろうかなどと思いながら、とりあえず駅スタンプをいただく。

なんとなく位置関係はわかっていたので向かうべき方角に歩いてゆけば、立派なお屋敷が建ち並ぶ閑静な住宅地の通りとなり、抜けて突き当りが目的地です。

bishamondou1.jpgbishamondou2.jpg

たいして多くない石段でしたが、立木山寺でのダメージか、太ももがぷるぷるとつりそう。
太ももをパンパンと叩いて喝を入れましたが、あらためて体の無理が利かない年齢になったなーと。

bishamondou3.jpgbishamondou4.jpg

紅葉の名所なら新緑の青もみじも美しかろうと予想していたとおり、しばし森林浴を楽しむ。

御朱印には、特別に蓮の花も押印くださいました。色味も加わり艶やかに。
それと朱肉の写りを防止するために、通常は新聞紙や半紙などを挟んでくださるのですが、ここのはそれにまで紋様が。細やかな心づくしです。

bishamondou5.jpgbishamondou6.jpg

令和最初の巡礼はここまで。
京都市内に戻り、カフェでいっぷく。
お昼ごはんは小さなおむすび3つだったので、おやつに美味しいサンドイッチ(ハーブソーセージ&ザワークラウト )をいただき、この日を締めました。

bishamondou7.jpg

大阪京都びわ湖一日観光チケット(1,800円)、有効に使えたかと思いますが、ちと欲張って疲れました。祇園祭を覗く余力はなし、帰ります。

nice!(9)  コメント(0) 

【神仏巡拝】近江国一之宮 建部大社(たけべたいしゃ) [霊場を巡る]

[滋賀十三番]2019年7月20日 奉拝 (滋賀県大津市神領)

立木観音前から唐橋前でバスを下車(290円)。
歴史的にも有名な橋で、浮世絵でも見たことがありますが、自分の足で渡るのは初めてかもしれません。

takebe1.jpgtakebe2.jpg

橋を渡り東へ少し歩くと建部大社の石柱が。
一ノ宮という社格の高い神社なので、やはりそれなりの風格のようなものは感じます。

takebe3.jpgtakebe4.jpg

ご祭神は、本殿が日本武尊(やまとたけるのみこと)、権殿が大己貴命(おおなむちのみこと)が祀られてあります。パンッパンッと。

参道にあったご由緒などのパネルを読み進めていくと、なんでも本殿は紙幣に描かれたこともあるとか。

takebe5.jpgtakebe6.jpg

また、御朱印を受け取る際、この目の前の御水は飲めるものでしょうか?と巫女さんにお聞きすると、「はい、皆さん汲んで帰られますよ」ということでしたので、私も失礼してペットボトルに。

takebe7.jpgtakebe8.jpg

神社をあとに来た道を戻ると、「うなぎ」と書かれたのぼりやらお店がちらほら。この辺の名物でしょうか。
ちょうどお昼時、食べたいがお品書きを見ると手が出そうもない……
でもこれならと、ある店先で見つけた「うなむす」なるものを購入(3個1,080円)。

瀬田川の川岸のベンチに座り、ここがそうなんやなーと改めて瀬田の唐橋を眺めながらおむすびをパクパク、出世水をグビグビと。
うな重は食べられなかったけど、これはこれでおむすびにしては贅沢な方じゃなかろうか。ごちそうさま。

nice!(8)  コメント(2) 

【新西国三十三】立木山 立木山寺(たちきさんじ) [霊場を巡る]

[第二十番札所]厄除立木観音 2019年7月20日 奉拝 (滋賀県大津市)
御詠歌:せたがはの きりもたちきの かんぜおん みねふくかぜに はるゝみのうさ

バスは石山寺近くから瀬田川を遡るように山間部へ(290円)。
バス停に降り立てばすぐに参道、登り口です。

tachigi1.jpgtachigi2.jpg

石段約八百段……
もう体の無理が効かない年齢ですが、行くしかないわなーと。

tachigi3.jpgtachigi4.jpg

「しんどいしんどい」とつぶやきながらえっちらおっちら20分、蒸し暑さと体力の消耗で汗だくへとへとになりながら、到着。
弘法大師さんもまたえらいところにお寺を……
そりゃ参拝者の利便性まで考慮されるわけもなく、なんでも霊木が光ったり、観音様の化身の白鹿が現れたということですから、ぶつぶつ言うのはやめときましょう。

tachigi5.jpgtachigi6.jpg

般若心経を唱え、御朱印もありがたく頂戴し、休憩所で一息。
柚子湯と昆布茶も頂戴致しました。合掌。

汗が引き、のども潤ったところで、下山。
途中、すれ違う参拝者は「今どのへん?あとどのくらい?」と聞きたそうなすがる様な眼差しです。(ゆっくりでもすぐに着くよ、がんばれ!)

tachigi7.jpg

一気に下ったので膝がカクカク。
この巡礼では難所のうちに入るのかな。
苦労した分、いい御参りになった気がします。

次は、来た道をまた戻り、瀬田川の河口の方へ。

nice!(8)  コメント(0) 

【神仏巡拝】石光山(せっこうざん) 石山寺(いしやまでら) [霊場を巡る]

[滋賀十四番]2019年7月20日 奉拝 (滋賀県大津市石山寺)

七夕あたりから時々オシッコが紅茶色……血尿か。
二足のわらじの疲れだろうかと思っていたところ、わき腹から背中に抜ける激痛が。
ガァッデム!奴だ、結石野郎だ。
冷蔵庫に保管しておいた少々古い薬でなんとかその場を凌ぐ。

痛みが峠を越したので、運動して石を体外に排出しようと、巡礼へ。

朝8時半、京阪石山寺へ到着。
マンホールには琵琶湖にミシガン、琵琶湖大橋にヨットに花火、瀬田川にレガッタ、ホールまん蔵くんにおおつ光ルくんとにぎやかです。

ishiyamadera1.jpgishiyamadera2.jpg

徒歩10分、山門前に。
蒸し暑いけど、参道の緑が気持ちがいい。

ishiyamadera3.jpgishiyamadera4.jpg

西国三十三所(十三番札所)で来ているので、7年ぶりか。はやいもんです。

ishiyamadera5.jpgishiyamadera6.jpg

お参りを終え、御朱印をくださった男の方が「“神仏霊場”はなかなか多いでしょう」と、「はい、ゴールが見えません」などと会話をしていると、尿意が。

本堂裏の厠で、一瞬の違和感とともに息子の口から奴が飛び出しました。

「石山寺で石がでた!」と独りごちていると、先ほどの御朱印所の男性も厠へ来たので、思わず見せてみたい衝動に駆られましたが、さすがに思い留めました。

前回から6年ぶり、3回目。
小便器での排出だったので、落ちていた枝をお箸代わりに拾い上げ、記念写真を一枚。

特別スッキリとした気分で参拝終了。なむなむ。


【ご注意】
そんなグロテスクなものではないように思いますが、私の体内で作られ尿と一緒に出た不衛生?不浄?なものですので、見たくない方はこれより下をポチッとしないようにお願い致します。

排出された結石の写真


nice!(7)  コメント(6) 

【神仏巡拝】伏見稲荷大社 [霊場を巡る]

[京都四十三番]2019年4月6日 奉拝 (京都市伏見区)

できれば場所的にも時期的にも避けたかったところですが、途中下車のできる切符だったので降りました。
インバウンドとやらの噂は聞いておりましたが、外国人観光客の人波は予想以上。

fushimi1.jpgfushimi2.jpg

もうカオスです。
本殿の鈴はガランガランと乱暴な音が鳴り止まず、千本鳥居も繁華街並みの大渋滞。
参道では、そんなものに?というような少々品質が心配な品々にも人が群がっておりました。

fushimi3.jpgfushimi4.jpg

正直なところ、日本のいいところ、見てもらいたいところってこういうのかな?と首を傾げたくもなるのですが、きっとこの賑わいで潤っている人もたくさんいるでしょうし、なによりも外国人観光客の方々は楽しんでおられるようなので、まぁーそれならと。

おみやげにいなり寿司でも買って帰ろうかと思っていましたが、この状況にちょっとその気は萎えてしまいました。おいしそうだったんですけどね。

fushimi5.jpgfushimi6.jpg

ささっと参拝を終えてから、喧騒を離れて出町柳の方まで。
高野川の土手に座り、昨日の残りご飯で昼食。
桜を愛でながら、こうしてゆっくりできただけでもこの日は十分な気がします。

fushimi7.jpgfushimi8.jpg

のんびりした後は、叡電一乗寺の恵文社へ。
今年の「コトコトこけし博」はここでの開催だったので来てしまいました。

fushimi9.jpgfushimi10.jpg

あーあ、可愛らしさに圧されてまた買っちまった……

nice!(19)  コメント(6) 

【神仏巡拝】御香宮(ごこうのみや)神社 [霊場を巡る]

[京都二番]2019年4月6日 奉拝 (京都市伏見区)

岩清水八幡宮の参拝を終え、ケーブルカーで男山を下山。
眼下の少し先には、淀川の背割堤の桜並木が薄っすらと見えます。
駅の混雑はそちらへの花見客。私はちょっと止めておき北へと進みます。

gokounomiya1.jpggokounomiya2.jpg

向かうは伏見桃山にある御香宮神社。
主祭神は神功皇后で、安産祈願で有名なお社らしい。

gokounomiya3.jpggokounomiya4.jpg

そして、ご本殿の横で汲み上げられていたのは“御香水”と呼ばれる伏見七名水の一つに数えられるお水。
環境省の「名水百選」にも選ばれています。
私もこちらで清めてからお参りを。

gokounomiya7.jpggokounomiya6.jpg

この日は武者小路千家の献茶会が催されており、また、伏見はお酒どころでも有名です。
どちらもお水が大事ですから、お水を崇めたり、感謝する場としても地域に根ざしたお社なのかなと思いました。

gokounomiya5.jpg

ご本殿そばの紅枝垂桜ももうすぐ見頃かという状況。
しばらく鑑賞したのち次の巡拝地に向かいます。

nice!(17)  コメント(0) 
前の10件 | - 霊場を巡る ブログトップ