So-net無料ブログ作成

住宅完成後 テレビと雑誌の取材 [あーと建物家具雑貨]

登記が完了し、税金の軽減手続きも終えて、家の中の片付けもちょっと落ち着いてきた頃、建築事務所の先生から雑誌やテレビにお家を紹介してみないかというお話がありました。

勝手に映像等を撮ってもらう分には構わないのですが、インタビューなんかがあるってお話なので渋りはしたものの、そんな大袈裟なもんじゃないからと、先生に押し切られる形で仕方なくお受けしました、やれやれ。

でも考えてみれば、お家は先生が心血注いだ作品でもあるわけですし、紹介されれば先生の次のお仕事につながるかもしれません。ここは一肌脱ぐことに。


●10月22日(金)[テレビのロケ収録]

テレビといっても番組と番組の間に放送される、3分程度のミニ情報番組です。

テレビの制作会社の人がやってきて、ひと通りお家の撮影をしたあと、住人の撮影とインタビューがありました。

そしてディレクターらしき人が私に、入口のドアを開けて、笑顔で「ようこそ、我が家へ」と一言お願いします、というアクションまで要求。
学芸会文化祭の類は常に裏方、いや傍観者に徹してきた私になにをやらせるのやら。

shuzai2.jpgshuzai3.jpg

オンエアでは案の定、顔が引きつり、受け答えはテンパってアホ丸出しという散々な有様。
見ていて悪寒が走ったので、こっ恥ずかしい時に入るという穴にすぐさま頭から飛び込みたい気分です。

後日、やはり放送を見た建築家の先生とアシスタントの方が、テレビに映った私の小芝居を笑っておられましたが、こらこら、あんたらが出ろって言うたんやん!ああ恥ずかしい……



●11月17日(水)[住宅雑誌の取材]

東京から出版社の女性とカメラマンの男性が取材に来られました。

shuzai1.jpg雑誌に載るのはほとんど家だけです。
それなら前のテレビのような醜態を晒すことはありません。

そして後日、記者の方が掲載予定の記事をPDFにしてメールで送ってくださったので、雑誌の発売日には安心して見ることができました。



それからも年に1、2度、建築家の先生が非常勤で講師をなさっている専門学校の生徒や、先生の作品が見てみたいという家を建てる予定の人達が、我が家に見学に来られます。

多少なりともお掃除しないといけないので面倒くさいのですが、勉強になるならと快く来訪者をお迎えしております。


共通テーマ:住宅

Facebook コメント