So-net無料ブログ作成
お蕎麦のあれこれ ブログトップ

宇奈月温泉と越中八尾でお蕎麦を食べる [お蕎麦のあれこれ]

ある程度目星を付けていた宇奈月温泉の「石びき手打ちそば ふる里味処 わらびや」へ。
先を歩く家族連れもお店に入った。この辺で食べるならここ、というようなお店なのかも。

温泉街はどのお店もひっそりとしていましたが、ここは足を踏み入れれば、お昼時らしい活況が。
店内にかかる暖簾、芹沢銈介文様ですね。

290930warabiya1.jpg290930warabiya2.jpg

ざるそばをいただき、ひとごこち付く。
帰るお客さんもそんなほっとした顔です。

どれくらいやっておられるお店なのかわかりませんが、安心感のある雰囲気、安定した何かでお店が回っているという感じ。

290930warabiya3.jpg

「おいしかったです、ごちそうさま」と、お店をあとに。


次の日は、越中八尾の町でお蕎麦をいただく。
手打ちそば 高野 に行きたかったところを、あえて別のお店を2軒。

お店には、ドライブがてらお蕎麦を食べに来たという風な、そこそこの年齢のご夫婦が数組。

291001shoubei1.jpg291001fuuan1.jpg

前日の「わらびや」とも違うし、以前いただいた「高野」とも違う。
具体的に何がどうかはわかりませんが、蕎麦もそばつゆも、違うということだけはわかった。

でも、そんな繊細の味の違いを、ぼんやりとでも頭が覚えているんだから、味覚の不思議というか、お蕎麦の魅力というか、食べくらべのおもしろいところです。

以上、富山お蕎麦行脚でした。

タグ:富山 そば 民芸
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

年越しそばを食べる人で賑わう和モダンな蕎麦屋さん [お蕎麦のあれこれ]

蕎麦切り 大城 (大阪市阿倍野区西田辺)


12月31日、友人と恒例の昼食は久しぶりに「蕎麦切り 大城」へ。
4年ぶりか……年月の速さにとまどいます。

着くとお店の外にまで行列が。以前より繁盛している様子。

中は今も落ち着いた和モダンなしつらえ、大人の空間って感じ。大谷石もいい。
お庭と大きな窓から差す陽光が気持ち良くて、ゆっくりと長居したくなる。

281231oshiro1.jpg281231oshiro2.jpg

注文はお品書きのすだちの文字にそそられ、すだちそば(1,100円)を。
年越しだし海老も外せないと思い天むす(1個200円)も。
七味は黒七味で原了郭だ。

二人して「出汁がおいしい」と声を揃える。
すだちの酸味のせいか、よりまろやかに感じ、最後の一滴まで飲み干した。
器もおもしろい。


夜は歌合戦を見ながら、またもやお蕎麦。
スーパーで300円ほどのものですが、これはこれで満足感がある。

281231oshiro3.jpg

お蕎麦もいろいろありますが、時と場所にあったものならどれもおいしいですね。

タグ:そば
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いい蕎麦屋には美味しいいなり寿司あり [お蕎麦のあれこれ]

そば處 松新 (大阪市浪速区難波中)


店先の佇まいのせいでしょうか、なんとなく会社の管理職の人が通うようなお店かなーと思っていましたが、入って印象は一変、とても居心地よさそうな庶民的なお蕎麦屋さん。

いただいたざるそばといなりのセットは900円。写真にある徳利はそば湯。

matsushin1.jpgmatsushin2.jpg

お蕎麦もいなりもバッチグー。
いなりは五目いなりで、具材に小エビなんかがゴロっと入っていて食感がよく、お揚げさんの甘辛さにひっぱられていない感じで気に入りました。

私がお店に入ったのは14時を少しすぎたころ。
それでもお客さんがちょこちょこと入って来られます。
このお味とお値段で、場所が難波となれば、12時前後はきっと混雑するのだろう。

都会の雑多なところには、こういうお蕎麦屋さんの一軒二軒は必ずあって近くで働く人たちで賑わっています。
私もかつてはそんな昼食をとっていた一人。
お蕎麦屋さんでの懐かしい情景が目に浮かびます。

あのお店まだあるんやろか……
今はどんなお客さんが通ってるんやろか……そんなことを思いながらの遅い昼食でした。

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

住宅地にひっそりとある隠れ家のような良いお店 [お蕎麦のあれこれ]

手打ちそば 慶俊庵 (大阪市住之江区)


予約のいる噂の蕎麦屋さん、急な会食が多くなかなか機会に恵まれませんでしたが、ようやく。

お店の場所は駅に近いものの小さな住宅が密集する中にあり、地元の人でもちょっと探せないようなところ。

お店の建物は、昭和なサイズ感のある住居と蔵を改築されたのでしょうか、数寄屋造りになっていて、余計なものがなく整えられている感じ。

keishunan1.jpgkeishunan2.jpg

お店の人は、想像で失礼ながら定年と言われる年齢を超えているかというご夫婦がやられています。
女将さんは気さくで愛想がよく、料理の説明も丁寧で食べ方も教えてくれますが、そうかと言って押し付けがましいところがまったくない。
大将の方はあまり接客をされないようですが、ニコニコと気分よくお仕事をこなされています。
次々と予約のお客さんが入って来たのに、料理が提供されるまでの時間はそんなに長くない。阿吽のチームワークがあるのでしょうね。

keishunan3.jpg

いただいた「けいしゅん庵定食」は、もちっと風味豊かなそば豆腐、さくっと揚がった天ぷら盛り合わせ、艶があってコシのある十割の韃靼そば、蕎麦の実の入ったおにぎりがセットになって1,380円。お得感あります。

そして、これまでは「お蕎麦をお塩で食べるなんて……」と斜に構えていたところがあるのですが、女将にレクチャーされたとおり、お箸の先にお塩を少し付けてそのままお蕎麦を食べれば、これがなかなかにいける!厳選されたお塩ということもあったと思いますが、結局お蕎麦の半分はお塩でいただいた。
最後、そばつゆをそば湯で割って飲み干せば、なんともいえない満足感。

なるほど、予約制にしないとお店が回せないのかも。それに店先に並ばれてもご近所迷惑だろう。あと何よりも、ご夫婦二人のライフスタイルにはちょうどいいのかもしれません。少しあこがれます。

いつもより多弁になりましたが、なんだかお手本のようないいお店だったので書き残しておこうと思いました。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

店先に漂うお出汁の匂いからして違った [お蕎麦のあれこれ]

手打ちそば 高野 (富山県八尾市)


越中八尾(やつお)にはお蕎麦屋さんも多く、「八尾そば」と銘打っているお店も。

以前訪れた時から目星をつけていたお店の換気扇からは、お出汁のいいにおいが。
きっとこのお店おいしい!と思わずにはいられないほどに芳しい。

280829takano1.jpg280829takano2.jpg

お店の外観も落ち着いた佇まい。
格子や板で換気扇もプロパンガスも目立たないようにしてあります。
店先にベンチが置いてあるところを見ると、やはり繁盛店でしょうか。

店内も黒を基調とした数奇屋風のしつらえ。
網代を編んだ壁の化粧板もしぶい。

その壁には菅谷茂 さんの剪画が。
このお店の前での風の盆の風景です。
この方の作品、手ぬぐいやTシャツにもなっています。
私は以前友人にポストカードをいただきました。

280829takano4.jpg280829takano3.jpg

そして、この日の夕食。
皆、もう賛辞の声しかなかった。
お蕎麦もさることながら、ほど良い甘みのある蕎麦つゆも抜群。
店先で嗅いだあのお出汁の、おや!って感覚は正しかった。
何がどうと説明はできませんが、記事を書いている今この時も食べたいくらい。

八尾って、ほかにもまだこんな店がたくさんあるのだろうか。
またいつか訪ねて蕎麦屋巡りをしたいと思います。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
お蕎麦のあれこれ ブログトップ