So-net無料ブログ作成
映画館に行こう ブログトップ
前の10件 | -

ブレードランナー2049 [映画館に行こう]

291028.jpg【鑑賞日】 2017年10月28日
【映画館】 TOHOシネマズなんば
【キャッチ・コピー】
知る覚悟はあるか―。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
冒頭、虹彩の神秘的なアップ映像が映り、ニタリとした人も多かったのではないでしょうか。

前作の舞台は2019年。酸性雨の降り注ぐ暗く湿った無機質な未来都市に、ヴァンゲリスの詩的で荘厳な、そしてどこか哀愁も漂う電子音の曲がのっかり、カルト化するくらい秀逸な近未来に仕上がっていたかと思います。
芸者ガールが映る「強力わかもと」の電子広告や、タイレル社の社長室などは印象的でした。

今作はタイトルどおり、それから30年後の世界。
作り手も35年の時を経て変わりましたが、前作を踏襲しつつ独自の世界観や未来像を作り上げ、よりスタイリッシュで洗練された感じがありました。
さらに今作は、アンドロイドの悲哀を描いた前作から、驚きのストーリー展開。
お話の終盤にはあの人も登場し(序盤には折り紙のうまいあのおじさんも)、なかなかファンの心をくすぐる演出でした。

確かに前評判どおり、ある年代の人にしかウケないと評されたこともわかる気がしますし、いろいろ盛り込まれたことで“ブレードランナー”としての評価も分かれるところだと思いますが、それでもあの年代の者としてはまずまず楽しませてもらいました。

そして、この続編を観てから、オリジナルを初めて目にした時の鮮烈な記憶やノスタルジックな思いなんかも呼び起こされたので、そういう意味でも観てよかったかなと思いました。

タグ:2017年映画
nice!(10)  コメント(0) 

エイリアン コヴェナント [映画館に行こう]

291006.jpg【鑑賞日】 2017年10月6日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
絶望の、産声。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
カニみたいな顔の宇宙人と戦わない方のエイリアン。
5年前公開された「プロメテウス」の続編で、同じく監督はリドリー・スコット。お話は前作の11年後の出来事ですが、全体の時系列でいうと、1979年公開最初のエイリアンの前日譚で、本作はその2作目。このあと3作目が作られて、最初のエイリアンに繋がるらしい。

お話の内容としては、へぇ~そんなことあったんか、デヴィットとかいうアンドロイド悪いやっちゃなぁ、と思うくらいでしたが、SFパニック映画としては安定したおもしろさ。

あと、エイリアン・シリーズといえば、シガニー・ウィーバーのように女性の活躍が注目されますが、今作のキャサリン・ウォーターストンも大変魅力的で、これからどんな作品に出演されるのか楽しみな女優さんです。

さて次回作、公開は何年後になるのでしょう。また興味を引くものであればよいのですが、私自身も興味を失っていなければよいのですがと、ともかく、楽しみに待ちたいと思います。

タグ:2017年映画
nice!(5)  コメント(0) 

メッセージ [映画館に行こう]

290602.jpg【鑑賞日】 2017年6月2日
【映画館】 アポロシネマ8
【キャッチ・コピー】
ある日突然、巨大飛行体が地球に、その目的は不明-
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
なんとなくこのまま帰るのもな・・・っていう夜に見る。

宇宙人接近遭遇ものと言えばいいのか、光線銃でドンパチしない方のSF。

作中、宇宙人のゲソのような手足が見えたときは、わちゃーと少し不安にもなりましたが、なんとか現実味を保った形で最後までしらけることなく鑑賞。

宇宙人とは時間の概念が違うと言われて、そのへんは正直わかったようなわからないようなところもあったのですが、宇宙人とコンタクトしたのが言語学者さんで、彼女らのアプローチの過程がそれなりに描かれていたこともそこそこ楽しめた理由かもしれません。

私が生きている間に、こうやって宇宙人がやって来ないかなーなどと考えながら、お蕎麦を食べて帰りました。

タグ:2017年映画
nice!(13)  コメント(0) 

ゴースト・イン・ザ・シェル [映画館に行こう]

290416.jpg【鑑賞日】 2017年4月16日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
私を作った奴らに 私を止めることはできない
体は義体 脳だけが自分 世界最強の捜査官。
【映画全体の印象】 (-_-)
【感想】
ハリウッドによるリメイク、日本アニメの実写化と聞けばもう悪い予感しかしませんが、好奇心半分、映画館のポイント消化半分という理由で鑑賞。

予想以上に作り込まれてあるし、スカーレット・ヨハンソンやジュリエット・ビノシュなど俳優も豪華で、オマージュ作品としてはなかなかなものだと思いましたが、残念ながらストーリーは平板で、キャラクターの魅力もあの世界観も引き出せてなかったという印象です。

お世辞にもおもしろかったとはいえませんが、伝説的アニメの実写化を試みたそのチャレンジ精神には敬意を表したいと思います。

タグ:2017年映画
nice!(12)  コメント(0) 

この世界の片隅に [映画館に行こう]

290309.jpg【鑑賞日】 2017年3月9日
【映画館】 アポロシネマ8
【キャッチ・コピー】
昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
友人が良い感想を述べていたのでチャンスがあればと機会を伺っておりましたが、なんとか終了間際に鑑賞。

昭和20年頃の広島や呉が舞台なら、戦争が暗い影を落とす重苦しい映画になりそうなものですが、「はだしのゲン」や「火垂る墓」のように、目を覆いたくなる原爆の惨状や胸を締めつけられるような戦争の悲劇を前面に押し出したような映画とは少し趣きが違いました。

もちろん戦争の残酷な部分も描かれてありますし、貧しさや身売りなどに見られる時代の荒んだ部分も描かれてあり決して安穏したものではないのですが、そこは柔らかいタッチの絵と温か味のある人物描写により、観る側に緊張感を強いることなく、こちらはあまり身構えなくてもよかった点が新鮮でした。
そして、主人公ののほほんとした人柄を通しても、その時代を生きた彼女の“リアル”が生き生きと伝わってきてなにか心打たれるものがありましたね。

私も漠然としか戦争を捉えられない者の一人ですが、私のようなごくありふれた日常を送っていたその時代の一人一人に、それぞれの戦争があったのだと感じられる映画だったと思います。鑑賞できてよかったです。

タグ:2017年映画
nice!(7)  コメント(0) 

君の名は。 [映画館に行こう]

29011001.jpg【鑑賞日】 2017年1月10日
【映画館】 TOHOシネマズなんば
【キャッチ・コピー】
まだ会ったことのない君を、探している
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
友人二人と十日戎に行く前に見た。
五十六十のおじさんおばさんでアニメ鑑賞ですが、社会現象にもなっているような映画だしこれしかないだろうと。

感想を簡単に言えば、お話は練られてあるし、展開の緩急もあるし、噂に聞く絵は綺麗だったし、音楽も効果的に使われてあってとてもよくできた映画だと思います。若者を中心にウケる理由もなんとなくわかりました。

ただ、どっぷりのおじさんとしては(出店の客引きに「お父さん!」と呼ばれる年代としては)、自分の中の“ときめきセンサー”みたいなものが経年劣化してしまっているので、テレビなんかに映っていた人たちのように熱狂するくらい楽しめたかといえば、やはり“そこそこ”という感じでしょうか。

それでも、このあと焼き鳥屋で一杯飲んだときのいい酒の肴にはなりました。
我々なりに、料金分は映画をしゃぶりつくしたと思います。

29011002.jpg29011003.jpg

えべっさんのいい余興になりましたね。

タグ:2017年映画
nice!(10)  コメント(0) 

ローグ・ワン STAR WARS STORY [映画館に行こう]

290101.jpg【鑑賞日】 2017年1月1日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
―もうひとつの、スター・ウォーズ。
【映画全体の印象】 (・_・)
【感想】
先のフォースの覚醒といい今作といい、私の中では映画の風格がひと回り小さくなったというか、貯金を切り崩しているみたいな感覚がなくもないのですが、それでもスター・ウォーズ作品はおもしろいです。

スター・ウォーズは文字通りギャラクシー規模の戦争ということで、ジェダイやシスだけではなく、雑兵がそれこそ星の数ほどいるわけですが、そういう名も無き戦士の活躍を描くというのは、このシリーズとしては新鮮でした。

「フォースと共にあらんことを」

作品には欠かせないこの有名なフレーズは、単に神秘の力や超能力を表す言葉ではなく、なにか強い信念あるいは宗教観みたいものが集約されていると思うのですが、名もなき兵士が明日の命もわからぬ戦場で、その言葉を交わし互いを鼓舞する姿を見ていると、あらためてこのシリーズの根幹を成すとても意味深いワードなんだと感じました。

今回の作品で、スター・ウォーズが単なるジェダイの騎士のおとぎ話ではなく、戦記としての一面も見ることができたので物語全体の奥行きは広がったように思います。

そして最後に、物語はレイア姫へと繋がる……
年末、キャリー・フィッシャーさんの訃報を知ったこともあり、とても感傷的に受けとめました。
ご冥福をお祈りしたいと思います。


映画を楽しみ、心斎橋・難波界隈をぷらぷらしたのち帰宅。
夕食はすき焼きです。

29010102.jpg

さて今年はどんな年になるのでしょう。
こんなごちそうをたくさん食べられる一年であればよいのですが。

タグ:2017年映画
nice!(4)  コメント(0) 

レッドタートル ある島の物語 [映画館に行こう]

281014.jpg【鑑賞日】 2016年10月14日
【映画館】 TOHOシネマズなんば
【キャッチ・コピー】
どこから来たのか どこへ行くのか いのちは?
【映画全体の印象】 (^▽^)
【感想】
今アニメを見るなら新海監督の『君の名は。』なんだと思いますが、ヤングな人たちの惚れた腫れたの話もちょっとしんどいなーと思う気持ちもあったので、ここはジブリの最新作を。

映画は無人島に漂流したある男とその島での出来事を、現実と幻想を織り重ねるように描いてあります。

また、この映画の特徴はセリフがないこと。
感嘆の声や叫び声、自然の効果音はありますが、登場人物が言葉を発することもナレーションで説明がなされることもありません。
でもこの映画はなにかを雄弁に物語っています。

怒りと慈しみ、罪と許し、孤独と家族、誕生と死滅、成長と老い、破壊と再生、出会いと旅立ち、そして自然と人間……

そういったことが、雄大な自然を思わせる音楽と、素朴でどこか懐かしいタッチの絵や美しい風景描写と相まって私の心を揺さぶるものがありました。

森羅万象、生きとし生けるものは、生まれて自らの存在を全うし死んでゆく。
繰り返し行われる命の営みにいったいどういう意味があるのか、いや、意味など無いから意味を見い出そうとするのか、答えが見つかりそうもない話ですが、映画からはそんな命の繋がり、命の不思議、命の尊さみたいなものが伝わってきます。
原作脚本監督は外国の方でしたが、このテーマはジブリ映画によく見られるものですね。
作風こそ違いますが、これぞジブリという感動の一作でした。

タグ:2016年映画
nice!(11)  コメント(0) 

X-MEN:アポカリプス [映画館に行こう]

280811.jpg【鑑賞日】 2016年8月11日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
最後の敵は、神。
黙示録。それは、世界を終わらせる神。
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
映画館で映画を観るのは今年2本目。ポイントの有効期限が切れる寸前の鑑賞です。

映画はマーベル・コミックの人気シリーズ。
最近は夢の競演対決というようなクロスオーバー作品が多かったので、ヒーローものは敬遠していましたが、これは観に行く気になりました。
そして、おもしろかった。
なんだか遊園地のアトラクションを楽しむみたいなそんな感覚の映画。
隣の席の人も、映画が佳境に入ると席から身を乗り出して固まっていました。
私同様そこそこいい歳のおじさんでしたが、なんだか微笑ましい姿です。
きっとその後の昼食では、口の中のものを飛ばしながら奥さんに熱弁をふるい迷惑がられたことでしょう。

なんの感想も書いていませんが、そんな映画でした。(どんなだ?)

タグ:2016年映画
nice!(8)  コメント(0) 

オデッセイ [映画館に行こう]

280220.jpg【鑑賞日】 2016年2月20日
【映画館】 なんばパークスシネマ
【キャッチ・コピー】
70億人が、彼の還りを待っている。
【映画全体の印象】 (^_^)
【感想】
火星に取り残された宇宙飛行士のサバイバルと彼の救出ミッションを描いた映画。

地球の遥か彼方、ベース基地があるとはいえ次の探査船が来るまで4年という絶望的な状況を生き残るため、彼は死力を振りしぼります。
生き残るためのあの手この手が、うまくいったり、いかなかったりとハラハラさせられる展開ですが、途中、懐メロやディスコミュージックが流るなどして、映画は緊張と緩和をうまく使っています。

一方、助ける側も懸命です。
セクションやそれぞれの立場、国家間の垣根も越えて、一人の人間を助けるために寸暇を惜しんで作業を行います。
まさに“ALL FOR ONE”。
生き残ろうとする者と救助しようとする人達、どちらの姿にも感動を覚えました。

この監督さんのSFといえば、ブレランやエイリアンを思い浮かべますが、そのどれとも違うヒューマニティ溢れる一本でした。

タグ:2016年映画
nice!(22)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画館に行こう ブログトップ