So-net無料ブログ作成
検索選択
霊場を巡る ブログトップ
前の10件 | -

【神仏巡拝】 法華寺(ほっけじ)門跡 [霊場を巡る]

[奈良九番]2017年5月3日 奉拝 (奈良市法華寺町)


法華寺の少し手前のバス停で下車し、
知人へのお祝いになにか良い雑貨がないかと、「くるみの木」に立ち寄る。

hokkeji1.jpghokkeji2.jpg

お店の雰囲気に似つかわしい女性客で混み合っていたなーと、
お店でお茶することをあきらめ、ぽつぽつと法華寺へ。

門前に到着。なにやら格式が高そう。
それもそのはず、門跡寺院で全国の国分尼寺の総本山的な寺院です。
早速立派な本堂に入り御朱印帳を預けて御参り。

hokkeji3.jpghokkeji4.jpg

本堂を出て少し境内を散策していると、「浴室」の扁額が。
ここは「からふろ」と呼ばれ、
光明皇后が難病者に入浴の恵みをたれ給うたところ、とある。
隣室で木を焚き、煙や蒸気を床の下に通してという蒸し風呂に近いものだったようで、
確かこれが日本最古のお風呂としてテレビで紹介されていたのを見たことがあります。

hokkeji6.jpghokkeji5.jpg


法華寺を出て、せっかくなので近くの海龍王寺も参拝。
法華寺と同様、藤原不比等と娘の光明皇后(聖武天皇皇后)に縁のあるお寺。

hokkeji7.jpghokkeji8.jpg

本堂横の西金堂の中には、建築物として国宝に指定されている五重小塔です。
こういったものを以前元興寺でも見ました。こちらも精巧にできています。


この日のお参りをすべて終えて、最後も近鉄奈良駅の方へ。

hokkeji9.jpghokkeji10.jpg

奈良っぽいものを食べて帰ろうと、店名で選ぶ。
なるほど店名そのままのカレーだ。

hokkeji11.jpghokkeji12.jpg

おみやげは柿の葉寿し。テッパンの美味しさです。

この日もよき御参りでした。気持ちが洗われたような気がします。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【西国薬師】法性山(ほうしょうさん) 般若寺(はんにゃじ) [霊場を巡る]

[第三番札所]2017年5月3日 奉拝 (奈良市般若寺町)


東大寺の西側を上がって行き、しばらくしてバスを下車。

民家の立ち並ぶ道をお寺へと向かっていると、突然黒い大きな門が現れる。
狐狸や盗人が棲んでいても・・・ってくらい古そうな御門ですが、
やはり最古クラスの楼門遺構で、国宝のようです。

hannyaji1.jpghannyaji2.jpg

境内に入ると、すぐに観音石仏が並んでいてその背後に山吹がわっさわっさと。
歩を進め本堂正面の方へ行くと、矢車草の花が咲いています。
コスモス寺として名高いところですが、この季節もたくさんの植物が綺麗です。

hannyaji3.jpghannyaji4.jpg

それと、先ほど古い楼門を見たからか、広いお花畑が広がっているせいか、
お堂の佇まいが、昔々の荒涼とした地にぽつんとあるお寺を思い起こさせ、
なんだか郷愁を誘う景色に映りました。とても印象深い姿のお堂です。

hannyaji6.jpghannyaji5.jpg

そのお堂に上がり手を合わせ、御朱印をいただく。
墨書きに「石塔薬師」とある。
お堂の前の十三重の石宝塔の東側にお薬師さまが祀られてあったみたい。
帰ってから気づく。反省。

hannyaji7.jpghannyaji8.jpg

お薬師さまには気づきませんでしたが、
秘仏公開の文字は目に留まり、見学。

40cmほどの金銅製の阿弥陀如来像。
7世紀後半白鳳時代のものらしく、
昭和39年の十三重の石宝塔大修理の際、
軸石の中から木箱に入った状態で発見されたそうです。

そして、その阿弥陀さまの台座部分には、
さらに三体の仏さま(5~10cm程度の胎内仏)が納められていたようで、
こちらはガチャポンに入ってそうなくらい、ちーちゃいちーちゃいものでした。

楼門、本堂、秘仏といろいろ良いものを見学でき、よかった。
自分の中のお気に入り寺院の一つに加えられました。

また近鉄奈良駅前に戻ります。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【神仏巡拝】高雄山(こうゆうざん) 岩船寺(がんせんじ) [霊場を巡る]

[京都四十九番]2017年5月3日 奉拝 (京都府木津川市加茂町)


浄瑠璃寺からコミュニティバスの乗り、5分10分ほどで門前に到着。
参道の出店では今朝採れたような山菜やたけのこが並ぶ。
山門には関西花の寺二十五ヵ所霊場の看板。あじさいの寺のようです。

gansenji1.jpggansenji2.jpg

浄瑠璃寺と同じく真言律宗のお寺で、こちらも池を挟んで本堂と三重塔。
深い緑の木々に朱塗りの塔、手前には季節花々、古色蒼然としたお堂。
雰囲気のある山寺です。

gansenji3.jpggansenji4.jpg

お堂に入ると、四方を四天王が守る須弥壇に大きな阿弥陀さまが。

大仏かと思うくらい大きく感じましたが、丈六で、ケヤキの一本造りだそうで、
行基作と伝わっているとか。駅前でお会いした御仁だ。

1000年以上も前のこのような山里に、
これほど大きな仏様がお祀りされていたことには少し驚きです。

gansenji5.jpggansenji6.jpg

ご住職の解説を聞かせてもらいながら、堂内をくるっと回って御朱印帳を受け取る。
ほにゃらら・・・阿弥陀如来でしょうか、良きご縁でありました。

バスは当尾(とおの)の里を離れ再び近鉄奈良駅前へ。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【神仏巡拝】小田原山(おだわらさん) 浄瑠璃寺(じょうるりじ) [霊場を巡る]

[京都四十八番]2017年5月3日 奉拝 (京都府木津川市加茂町)


入って左手(東)が薬師さまの祀られてある三重塔。
右手(西)が阿弥陀さまの祀られてある本堂。

日が昇る東方には、人々を浄土へと送り出してくださる薬師さま(遣送仏)を、
日が沈む西方には、極楽浄土に迎え入れてくださる阿弥陀さま(来迎仏)を配置し、
池を挟んで此岸(しがん)と彼岸(ひがん)という構成の伽藍になっています。

jyoruriji9.jpgjyoruriji8.jpg

御朱印の墨書きには「九体佛」の文字。
お堂の真ん中には少し小さい丈六の阿弥陀如来中尊像、
その左右に4体づつ半丈六の阿弥陀如来座像が並んでいる。
阿弥陀さまが9体ということで、浄瑠璃寺は九体寺(くたいじ)とも呼ばれているそうです。

jyoruriji11.jpgjyoruriji10.jpg

お不動さまの傍らには矜羯羅童子(こんがらどうじ)。
「ごめん、すぐ返すから、金貸して!」と、こんな友人がいたような気もする、
なんとなく親しみを覚えるお顔立ち。


バスの時間まで佇まいの良い古民家茶屋(あ志び乃店)で休憩。

jyoruriji12.jpgjyoruriji13.jpg

天井には竹や簾を用い、小壁部分は網代張り。
落ち着くしつらえです。

jyoruriji14.jpgjyoruriji15.jpg

今日はお弁当持参。とろろそばは断念し、甘酒を(430円)。
麹の甘みと生姜の風味、いいですね。

岩船寺へ。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【西国薬師】小田原山(おだわらさん) 浄瑠璃寺(じょうるりじ) [霊場を巡る]

[第三十七番札所]2017年5月3日 奉拝 (京都府木津川市加茂町)


今年最初の巡礼。
世間は大型連休。一日くらいはどこかにいくべぇーかと奈良へ。

近鉄電車の車窓には朱雀門。
駅前噴水の御仁は行基さん。

jyoruriji1.jpgjyoruriji2.jpg

近鉄奈良駅前からバスに乗って山の方へ25分、奈良と京都の県境辺り。
駅前とは打って変わってのどかな山里、当尾(とおの)の里と呼ばれるところです。

jyoruriji3.jpgjyoruriji4.jpg

浄瑠璃寺は1047年創建の真言律宗のお寺。
入って右手が九体阿弥陀堂と呼ばれる本堂。
名前の通り、お堂の中には九体の阿弥陀如来坐像が並んでいます。
ありがたい経典の中にある、九つの往生の段階に対応しているんだとか。
お堂も阿弥陀さまも国宝。

jyoruriji5.jpgjyoruriji6.jpg

左手は薬師如来像が安置されている国宝の三重塔。
お薬師さまは扉の中。秘仏。
8日の縁日と彼岸の中日とお正月に扉が開かれるそうだ。
この日は外から合掌。
春の緑豊かな境内、清々しい。

jyoruriji7.jpg
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【神仏巡拝】二上山(にじょうざん) 當麻寺(たいまでら) [霊場を巡る]

[奈良十九番]2016年11月26日 奉拝 (奈良県葛城市當麻)


当麻寺駅の改札を出て少し歩けば、お店の前に人の列。
皆さんよもぎ餅目当てにお並びのようです。よし、帰りに喰っちゃろと密かに画策。

taimadera11.jpgtaimadera12.jpg

そのお餅屋さんを曲がり一直線。10分少々歩いて山門前に到着。
仁王さんの間を通り抜け本堂に進みます。

ご本尊は、中将姫さま(右大臣藤原豊成の娘)が仏門に帰依されたのち、御仏のお導きにより一夜にして蓮糸で編み上げたとされる霊験あらたかな曼荼羅です。合掌。

taimadera15.jpgtaimadera13.jpgtaimadera14.jpg

境内には東と西の三重塔があり、二塔が残っているところはめずらしいそうです。
その両塔をうまく写真に収めることはできませんでしたが、紅葉は赤々と綺麗でした。

そして、参拝を終えた帰り道、途中にあった相撲館に立ち寄ります。
ご存知の方も多いと思いますが、この辺りは相撲発祥の地と言われています。

日本書紀には、當麻邑(たいまむら)に住んでいた怪力の持ち主の當麻蹴速(たいまのけはや)が、垂仁天皇の命で出雲の野見宿禰(のみのすくね)と力比べをしたと、館前にある當麻蹴速の塚の解説板にあります。

當麻蹴速は、その対戦で野見宿禰にあばら骨を踏み折られて死んでしまったようなので、我が国最初の相撲(天覧相撲)というのはまさに死闘だったみたいです。ナンマンダブ、ナンマンダブ。

taimadera16.jpgtaimadera17.jpg

塚をあとにし、最後は往きに見た駅前のよもぎ餅のお店へ(中将堂本舗)。

お持ち帰りの人が多かったのか、すぐに店内に入ることでき、中将餅(よもぎ餅)と煎茶のセット(300円)をいただく。よもぎ色が濃いですね。

taimadera18.jpgtaimadera19.jpg

おいしくいただき、ほっこりしてこの日の巡礼は終了でございます。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【新西国三十三】二上山(にじょうざん) 當麻寺(たいまでら) [霊場を巡る]

[第十一番札所]蓮糸曼荼羅 2016年11月26日 奉拝 (奈良県葛城市當麻)
御詠歌: ごくらくを いづくととはば やまとなる まるこのさとに ゆきてたずねよ


太子和みの広場でお弁当を食べたあと、バスで近鉄南大阪線上ノ太子駅に行き、そこから電車で二上山の麓をなぞるように奈良の方へ回り、3つ目の駅が当麻寺です。
車窓からの風景ものどかであります。

taimadera1.jpgtaimadera2.jpg

マンホールは車窓からも見えた二上山と當麻寺の東塔と西塔、それと牡丹。
ここ當麻寺も葛城市も牡丹の名所として有名なんですね。

参道をゆくと、軒を連ねる建物の向こうに少しだけ東塔西塔が見えきました。
牡丹の季節ではありませんが、そこそこ参拝者の姿もありますのでまだ紅葉は見られるのかもしれません。

taimadera3.jpgtaimadera4.jpg

山門の手前で、大和地鶏の釜めし、新そば、柿の葉すしとお店の看板に目移り。
先ほど昼食を済ませたばかりですが、まだ食べられそうな気がしてきました。

taimadera5.jpgtaimadera6.jpg

山門(東大門)をくぐるとすぐに鐘楼が。そして、その向こうには二上山。
子供の頃の遠足で登ってはいるはずなんですが、思い出せることが一つもない……

taimadera7.jpgtaimadera8.jpg

ミニ経本を取り出し本堂(曼荼羅堂)でぶつぶつと般若心経を唱えます。

手前からでは暗くてわかりませんでしたが、ここのご本尊は4メートル四方もある曼荼羅です。
内陣から誰かが説明する声だけが聞こえておりましたので少しだけ拝聴させていただきました。

taimadera10.jpgtaimadera9.jpg

御朱印をいただき、奥の院手前まで。
紅葉は少し散っておりましたが、それが色鮮やかな絨毯となり綺麗でありました。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【神仏巡拝】磯長山(しながさん) 叡福寺(えいふくじ) [霊場を巡る]

[大阪十六番]2016年11月26日 奉拝 (大阪府南河内郡太子町)


“上の太子”とも呼ばれる叡福寺は、聖徳太子の陵墓に寄り添うような形で伽藍がある太子信仰の中心的な寺院で、ここのほかにも“中の太子”と呼ばれる羽曳野の野中寺、“下の太子”と呼ばれる八尾(やお)の大聖勝軍寺があり、そのことが親切に縁起を紹介する掲示板に記載されてありました。
いつかあとの二寺も参拝しようと思います。

eifukuji1.jpgeifukuji8.jpg

霊廟には太子のお母様と奥様も一緒にお祀りされてあるとか。「三骨一廟」とあります。

墨書きは「聖徳廟」、御朱印は霊廟の建屋そのものですね。

eifukuji9.jpgeifukuji10.jpg

参拝を終えて、お昼ごはんにしようかと隣の公園へ。

道路には「和を以って貴しと為す」と刻まれたマンホール。さすが太子町。

叡福寺が見える広い芝生のある公園で、昨晩のおかずを詰めたお弁当をいただきます。

eifukuji11.jpgeifukuji12.jpg

するとすぐにガヤガヤとした声に包囲され、「ここで昼食!」という大声が。
さっき見たハイキングの団体さんでしょうか、100人くらいはいて三々五々公園内に散らばり、そして私を同じ参加者と思ったのか、「お!はやいね」とばかりに私の周りにもたくさんのおじさまおばさまが腰をおろしワイワイと。

この時期にしては暖かく、お腹も満たされ芝生でゴロンとなる方なんかもいて、皆さん牧歌的休日を満喫されていました。

さて、私も突如にぎやかなお昼ごはんとなり、なんとなく気恥ずかしかったのですが、おいしくお弁当もいただくことができましたのでそろそろ出発です。
次は山を越え奈良の當麻寺へ。皆さんはどちらに行かれたのでしょうね。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【新西国三十三】磯長山(しながさん) 叡福寺(えいふくじ) [霊場を巡る]

[客番札所]聖如意輪観世音菩薩 2016年11月26日 奉拝 (大阪府南河内郡太子町)
御詠歌: しながなる みてらにいまも うまやどの みこのみたまは しずまりてます


谷を挟んで向かい合うように西方院と叡福寺があり、お堂や多宝塔の向こうに見える丘陵の方が聖徳太子の御廟でしょうか。
御詠歌にある“うまやどのみこ(厩戸皇子)”は聖徳太子のことです。

eifukuji7.jpgeifukuji2.jpg

境内を進み、丘陵の手前まで行くと菊の御紋の鉄扉があり、その向こうに三つの屋根が連なる霊廟らしき建屋、あるいは陵墓の入口らしきものがあります。丘陵全体が陵墓なんでしょうね。
そして、立て札には宮内庁の文字も。

eifukuji3.jpgeifukuji4.jpg

太子さんに手を合わせ振り向けば、東に大阪と奈良を跨ぐ金剛山地の稜線が。
昼からはその山を越えた二上山麓の當麻寺へ行きます。お天気が良くて気持ちがいい。

eifukuji5.jpgeifukuji6.jpg

金堂をお参りし御朱印をいただいて仁王門を出ると、向こうに先ほどお邪魔した西方院の大銀杏が見えます。
団体さんの長い列も私と同じコースでしょうか。良きハイキング日和であります。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【新西国三十三】南向山(なんこうざん) 西方院(さいほういん) [霊場を巡る]

[第八番札所]十一面観世音菩薩 2016年11月26日 奉拝 (大阪府南河内郡太子町)
御詠歌: むらさきに くものにほひて かんぜおん おはしまします さいはうのそら


なんとなくもやもやとした気分が続くときはお寺参りがいいです。
この日は大阪と奈良の県境あたりを巡礼。

近鉄長野線の喜志駅から金剛バスにしばらく乗り太子前で下車。
降りたところが聖徳太子の御廟所、叡福寺のまん前。
こちらは後ほど参拝するとし、まずは通り向こうの坂を上ったところにある西方院へ。
大きな銀杏の木のあるところです。

saihouin1.jpgsaihouin2.jpg

入口の縁起をさらっと読むと、聖徳太子薨去のあと三人の侍女が剃髪して堂宇を建立したのが始まりだとか。
その侍女というのが蘇我馬子の娘、小野妹子の娘、物部守屋の娘といずれも高貴な方々。
名門婦女子の集まる職場で、このお三方は仲がよろしかったのでしょうか。
お父上同士はいろいろあったみたいですが……

そんなやんごとなき方々ゆかりのお寺ということもあってか、境内は隅々まで手入れが行き届いていてとても綺麗で気持ちがいい。
本堂に上がらせていただき手を合わせます。

saihouin3.jpgsaihouin4.jpg

御朱印をいただいたあと、お庭の方も公開しているとのことで見学。
ご自由にどうぞとお茶とお茶菓子が用意されていたので、心ばかりの寄付を箱に入れありがたくちょうだいする。
ポカポカと陽の差すお部屋でコーヒーをすすり、クッキーを食べ、しばらくぼぉーとお庭を観賞。

saihouin5.jpgsaihouin6.jpg

なんとも贅沢な時間をご提供いただきました。合掌。
次は向こうに見える叡福寺に行きます。

saihouin7.jpg

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 霊場を巡る ブログトップ