So-net無料ブログ作成
あーと建物家具雑貨 ブログトップ
前の10件 | -

富山県美術館 デザインコレクション展 [あーと建物家具雑貨]

秋の旅行中、今年8月に全館オープンしたばかりの富山県美術館に行きました。

そこで、企画展以上に見たいと思っていたのが、ずらりと並んだ名作椅子です。

291001toyamabijyutu1.jpg291001toyamabijyutu2.jpg

最初に目にしたのは、リートフェルトの「RED and BLUE」とマッキントッシュ「HILL HOUSE」。
どちらも座るより眺める方が良さそうな椅子です。

291001toyamabijyutu3.jpg291001toyamabijyutu4.jpg

それからアルネ・ヤコブセンの「スワンチェア」に、その向こうは旧帝国ホテルで使われたフランク・ロイド・ライトの椅子でしょうか。こちらはハンス・J・ウェグナーの「フープチェア」だ。

291001toyamabijyutu9.jpg291001toyamabijyutu10.jpg

おっとこれは、お金持ちのステータスシンボル?として名高いル・コルビジェのシェーズロングのカウスキン。こちらの籐でできた丸い椅子は剣持勇のラウンジチェアですね。

291001toyamabijyutu11.jpg291001toyamabijyutu12.jpg

そして、実際に座ることの許された椅子も数脚。
あのガウディ作だという椅子にも座ってみた。
二人掛けですが、座る方向が少し外向きで、彼らしい生き物を思わせる曲線。あの奇想天外なデザインの片鱗も伺えます。

291001toyamabijyutu5.jpg291001toyamabijyutu6.jpg

こちらの耳のような独特のフォルムは、イムーズの「ラ・シェーズ」。
もうこんなポップな椅子に座ることないだろうと思い、こちらにも座ってみた。確かこんな風に座るんだよなーと、監視員の目を気にしつつ脚を伸ばす。

291001toyamabijyutu7.jpg291001toyamabijyutu8.jpg

視線の先におられたのはウッディ・アレンさん、キャッチコピーの「おいしい生活」は糸井重里さんで、西武百貨店の古いポスターですね。なんとなく見覚えが。

291001toyamabijyutu16.jpg291001toyamabijyutu13.jpg

隣の図書ルームにも見たことのある椅子やテーブルが。北欧のブランド(アルテック)だったかな。あれば、空間が北欧っぽくなるから不思議。

291001toyamabijyutu14.jpg291001toyamabijyutu15.jpg

ふんだんに木がつかわれている廊下は、すっきりと爽やかで静謐さも。
その廊下の先の窓からは、雨に打たれる富山の街と環水公園が見えました。

今回の椅子の展示、ショールームでもこれだけの種類を目にすることはないので見て座れてよかったです。

toyama17a137.jpg

富山県美術館、展示物はおもしろく、館自体も開放感のある素敵な空間でありました。

タグ:富山 芸術 家具
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

フジモトマサルさんイラストのポストカード [あーと建物家具雑貨]

彼が装画を担当した本を数冊、ポストカード(カレンダーだったもの)も何枚か持っています。

擬人化された動物たちのイラストは、どこか飄々としていてシュールで独特の世界観。
こういう作風が彼の持ち味でした。

271125fujimoto1.jpg

イラストのように、ロケットに乗って旅立たれたのでしょうか。

同年代であることを思えば、あまりにも早いお別れ。残念です。

nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

沖縄旅行中の友人から絵はがきが届いた [あーと建物家具雑貨]

友人が沖縄に慣れない一人旅。
LCCも初めてだったようで、いろいろ下調べが大変だったことは想像に難くない。
でもその甲斐あってか、旅を存分に楽しまれたようで、その様子は飛んできたメールの画像からも伝わってきます。

tamaokinawa1.jpg

美ら海水族館、大水槽の前の青暗いカフェで、悠々と泳ぐマンタやジンベエザメを眺めながらのタコライスとオリオンビール。

tamaokinawa2.jpgtamaokinawa3.jpg

浜や港が写っているのは、本島南東部、南城市の沖合いにある久高島(くだかじま)。
神の島と言われる沖縄の聖地、パワースポットで、島内をのんびりサイクリングされたそうな。

そして、その沖縄の地より風景印のある絵ハガキが届く。

tamaokinawa4.jpgtamaokinawa5.jpg

一つは那覇中央郵便局。
図柄は、県花でもあるデイゴの花とシーサー。

もう一つは、南城市にある知念郵便局。私が以前訪れたCafe わがんのすぐそば。
図柄は、斎場御嶽(せーふぁうたき)とテッポウユリ。

郵便局の場所を調べて風景印の有無を確認し、旅の途中にわざわざ立ち寄ってくれたのだ。
ありがとう。

メールでの実況中継もあり、こちらも旅をしているような気になっていましたが、こうしてハガキを受け取ると、また沖縄を思い出して行きたくなりますね。

nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

出張で関東に行った友人から絵はがきが届いた [あーと建物家具雑貨]

友人から、雷門がデザインされたご当地ポストカードが届いた。
そして、消印は風景印。

270630kaminarimon1.jpg

浅草界隈を、荷物抱えてウロウロしていた姿を想像するのも楽しいし、旅先で気にかけてもらい、わざわざ風景印で出してくれたことも嬉しいですね。


しかし、帰阪は大変だったとか。
消印の日付は6月30日……
新幹線であの事件があった日だ。

その新幹線には乗り合わせていなかったようですが、その余波で、長い時間を立ちっぱなしの新幹線で帰ってきたそうな。
それはしんどかったと思うが、むしろ幸運だったのではないかと。

とにかく無事の帰宅なによりです。そして、絵はがき、ありがとう!

タグ:通信日付印
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平成27年3月13日「北陸新幹線(長野・金沢間)開業」特殊通信日付印 [あーと建物家具雑貨]

「新幹線が春を連れて、やってくる。」

街なかでキャッチコピーが踊り、連日のようにニュース等の話題にのぼっていた北陸新幹線がついに開業しました。

石川や富山の人のお祝いムードにあてられ、大阪の私もめでたい気分。

hokurikushinkansen1.jpg

印影はW7系と言われる新型車両ですね。

タグ:通信日付印
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2014年 生誕120年 川西英回顧展 小磯記念美術館 [あーと建物家具雑貨]

昨年の記事の書き残し。

2014年12月23日(火・祝)

寒さが少し和らいだ休日、見たい展覧会があったので、神戸へ。
六甲アイランドに来たのも、六甲ライナーに乗るのも初めてかも。
(往復乗車券・展覧会入場券セット1,000円)

rokko1.jpgrokko2.jpgrokko3.jpg

回顧展が開催されていた版画家の川西英さんと、美術館名にもなっている小磯良平さんは、共に神戸に縁のある方です。
おふたりの作品が好きで、同時に鑑賞できたのは良かったです。

rokko5.jpgrokko4.jpg

そして、美術館に併設されている喫茶室(レスポワール)で昼食を取り、おみやげを購入。

rokko6.jpgrokko7.jpg

やはりここでもカレーライス(756円)を。ポカポカのんびりいただきました。
おみやげは神戸風月堂のゴーフル(ミニ399円)。
缶とパッケージの絵は、川西英さんの三男祐三郎さんの版画がデザインされたものです。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リサ・ラーソンのオブジェ(ブルテリア)ほか [あーと建物家具雑貨]

【購入日】 2012年1月24日
【購入店】 hhstyle.com
【購入額】 6,350円税別  【価格】8,500円税別

lisa1.jpgLisa Larson kennel Bullterrier 復刻版
sweden.gif(スウェーデン)






【購入日】 2014年10月19日
【購入店】 LIFESTYLE GALLERY kokko
【購入額】 2,000円税別

kokko1.jpg木彫りの白クマ (作家:不詳)
finland.gif(フィンランド)







我が家にいる北欧のお友達です。

白くま(白でなくなってきていますが)の方は、先日近くの雑貨屋さんで見つけたものですが、つがいだったらしくて、相方の方だけ先に売れてしまったようです。

できれば一緒に居させてあげたかったのですが、残念です。

タグ:雑貨
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

工房アイザワ 角型ランチボックス 中 [あーと建物家具雑貨]

【購入日】 2013年12月2日
【購入店】 東急ハンズ 三宮店
【購入額】 3,400円税別


ステンレス製で容量は670ml。

お弁当を詰めていると、成人男性サイズとしては少し小さい気もしたのですが、何度か使っているうちに、外でのんびり食べるならちょっと足りないくらいがちょうどいいのかも、と思うようになってきました。

それに私が片手で持ってシックリくるのは、やはりこの大きさのような気もします。


aizawa1.jpg角型ランチボックス(中)



jpn_50.gif工房アイザワ


丈夫そうなので、フタにあるパッキン(別売)さえ交換すれば末永くお付き合いできそうです。

さて、お弁当持って次はどこに行こうか。

タグ:雑貨
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

平成26年「富士山の日」小型記念通信日付印 [あーと建物家具雑貨]

語呂合わせで、2月23日は“2(ふ)2(じ)3(さん)”の日でもあったようです。

ぴったりの絵はがきがあったので小型印をいただいてみました。

♪ あ~たまをく~も~の~ う~えにだ~し~ ♪
そんな感じの切手と印影です。


fujisan2.jpgfujisan1.jpg
【作者・意匠など】
ハガキ:足立真人「浮遊する海」
ハンコ:富士山の日(静岡中央郵便局)


ところで、あまり話題になっていませんが、消費税率の引き上げに伴い、郵便料金も変わります。
50円切手や80円切手での郵便は、2円分の切手を買い足さないといけません。
50円、80円、キリがよかったんですけどね……

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都嵯峨野 落柿舎(らくししゃ)御朱印 [あーと建物家具雑貨]

蕉門十哲と呼ばれる松尾芭蕉の偉いお弟子さんの中に、向井去来(むかい きょらい)という人がいて、その人が造った庵の遺構が京都嵯峨野にあります。

以前、紅葉の季節に行ったときの写真ですが、もみじや柿の木のある茅葺き屋根の小さな庵は、なんとも風雅な趣があります。

rakushishain2.jpg

この落柿舎は拝観(200円)もでき、入口では御朱印も販売されています。

神さま仏さまをお祀りしているわけではないので、寺社でいただくものとは意味合いが違うと思いますが、記念品としてちょうど良いので購入しました(300円)。
御朱印の柿の実の印影は、今もお気に入りの一つです。


rakushishain1.jpg
【作者・意匠など】
御朱印:落柿舎(2種類あり)
もう一つは「柿主や 梢はちかき あらし山」の句に柿の印。


タグ:御朱印
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - あーと建物家具雑貨 ブログトップ