So-net無料ブログ作成
カレーライス探訪 ブログトップ
前の10件 | -

珈琲館 チェリー [カレーライス探訪]

道明寺天満宮を参拝した帰り、
なんとなく自信を感じさせる看板のカツカレーの文字が目に留まり、入った。

290918cherry1.jpg290918cherry2.jpg

マスターにカツカレーを注文して店内を見回すと、昔ながらの喫茶店って感じでなかなか好きな雰囲気だ。
そして、しばらくして運ばれてきたカレーを、ぱくっと一口、おっ!と思う。
長く煮込まれたカレーにある芳醇な味わい。
大阪の「Cafe婆沙羅」や神戸の「サヴォイ」に似た風味がある。
自分の好みで言えば、もう少し辛くてもよいと思ったが、おいしい。

290918cherry3.jpg

帰宅して、ただの喫茶店ではないんじゃなかろうかと検索したみたら、やはり注目している人が何人か引っかかってきた。
知る人ぞ知る名物カレーか。納得。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

spice32 神戸発旨辛カレー NAMBAなんなん店 [カレーライス探訪]

一昨日は、夕食のあと『千と千尋の神隠し』を見ながらおやつのカールを一袋平らげ。
その日の昼食のあとも、おやつにマクドナルドでポテト(L)とコーラを飲食した。
就寝前、食生活が乱れとる……と反省。


で、昼食というのが出先で食べたカレー。
先日、十日戎の日に行った焼き鳥屋さんの隣のお店。

看板メニューらしいスパイシーカレー(900円)を注文。大辛とある。

やはり相当辛い。
けれど辛さの向こうに、フルーティーな甘みや何かを煮込んだような味わいもあっておいしかった。完食。

290120spice1.jpg290120spice2.jpg

辛さって難しい。
客層によって好みの傾向が違うし、甘いとクセにならないし、きっとその度合いがお店の生命線なんだろう。
辛いカレー屋さんに行くと、その絶妙なラインにいつも感心させられます。

にしても、ここは結構辛かった。食後もしばらく口の中がヒリヒリしていた。
きっとこれがマックフライポテトにつながってしまったんだな。
食欲も増進のカレーでした。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

本格辛口カレー ヤドカリー [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2016年9月28日 【お店の場所】 大阪 天満橋


お昼にしようとお店を探していると、ダジャレの看板が目にとまりました。

280928yadocurry1.jpg280928yadocurry2.jpg

テナントビルの地下に降りてお店に入ると、女性店主の「いらっしゃいませ!」の声。
10席程度のカウンター席で営業されています。

私が入ったのは12時30分頃。
それでもこれから食事をする人が5、6人席についていたので、2巡目かもしれません。
これはいい予感。
早速、お店の名前を冠する「牛すじヤドカリー(850円)」を注文。

280928yadocurry3.jpg

やはり客入りが示すとおりのお味、おいしかった。
辛さも、本格辛口カレーと銘打ってあるだけに中辛でもまあまあ辛い。
この日は蒸し暑かったのでたくさん汗をかかせてもらいました。

おいしいと思うスパイスカレーは結構この風味が多い。
何をどのくらい入れるとこの味になるのだろう。ワインも入っているようだし……
家で作れるものならと思いますが、なかなか……


この界隈での用事を済ませた17時、今度はご一緒していたお仕事仲間と少し早い夕食。
OMMビルの地下でお好み焼きを。夜の部、一番乗りで貸切状態。

280928yadocurry4.jpg

鉄板を挟んでペチャクチャとおしゃべり。
普段会話がないとこんな時は饒舌になってしまいます。反省。
でも気兼ねなくて楽しかった。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレー屋 ヌンクイ [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2016年6月11日 【お店の場所】 大阪 堺 七道


なんだか自由です。
お店の外も中もオーナーさんの個性が光っていて、型にハマっていない感じ。
11時の開店間もない時間に行きましたが、私の入店後数分で満席になりました。

座るや否や、ぷうんとスパイスの香りが。
おいしいお店には必ず漂っている種類の香りです。

nunkui1.jpgnunkui2.jpg

マトン・ピラウ ザンジバル風 1,000円
ぴり辛えびと玉ねぎのカレー 800円
骨つき鶏とトマトのカレー 800円

早速、オーナーさんらしき女性がこの日のおすすめ3種をご紹介くださったので、すぐさま真ん中のカレーを選択。
しばらくして出てきたものを食せば、おっ!と思いました。
3つとも少し辛いと説明を受けていましたが、言うほどのことはなく、辛さに頼っていないおいしさ。
作り手の地力を感じるカレーです。

nunkui3.jpg

それと、10席そこそことはいえ、スパイスカレーのお店をひとりで回しておられたので、カレーが出てくるまで少し時間がかかると心積もりをしていたのですが、オーナーさんは冷静な面持ちで段取りよく注文を取り、テキパキと調理をこなし、すすっと短時間でお客さんに提供しておられた。

カレーもカレーを作っている人も大したもんであります。

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

the TOKURI 61(トクリ 61) [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2016年1月27日 【お店の場所】 大阪 西田辺


自転車をキコキコ漕いで10分。

お店は、コンクリート打ちっぱなしのクールなテナントビルの1階。
陶芸教室と併設されています。

電動ろくろなどの設備を見ていると、陶芸をやってみたくなります。
同席した友人も、子供と習いに来ようかなって言っていました。

tokuri1.jpgtokuri2.jpg

で、お昼ごはんを注文。スパイスチキンカレーだったか。

油断していました、驚きのうまさです。
ああ、こんなカレーを作ってみたい、そう思いました。

tokuri3.jpg

そして、オーナーさんご夫婦でしょうか、聞けば、箸置きもお皿もこちらの作品だとか。

器にもカレーにもキランッと光るものが……すばらしいです。

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレー コンドル curry condor [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2015年10月24日 【お店の場所】 北堀江


久しぶりに堀江を歩く。
なんとなく、私のようなパッとしないおじさんが歩く町ではないなーというくらい、堀江のオシャレ感は増していた。

雑誌『うかたま』や『PHP』の表紙にもなっている刺繍作家MICAOさんの小さな個展が、堀江のART HOUSEさんで行われていたので見学。

micao1.jpg

私は外見も中身も完全な中年おやじですが、あろうことかまあまあのカワイイもの好きです。
恥ずかしいので目立つものは買いませんが、こそっとポストカードは買いました。


見学のあとは夕食。
近くのカレーコンドルさん。カウンター席だけの小さなお店です。
入ると、大きな音でテレビが点いています。「名探偵コナン」でした。

condor1.jpgcondor2.jpgcondor3.jpg

ベースとなるカレーにミンチカツをトッピングして注文(600円+200円)。

カレーっぽくないしハヤシライスでもないし、なんだか独特の風味です。
なにか(たまねぎとか赤ワイン?)を長く煮込んだような酸味と少しの苦味があってなんとも形容しがたい旨み。
辛くはありませんが、これも中毒性のあるカレーかもしれません。
どこにもないカレーだぜ!と主張しているかのような一品でした。

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

INDIRA CURRY(インデラ・カレー) Pure Curry Powder [カレーライス探訪]

雑貨店で手にとってみれば、缶の表記に販売者“ナイル商会”とあったので、これは銀座ナイルレストランさんとこだろうと思い、買ってみることに(税込648円)。

レジに持って行くと、女性店員さんがにこやかに、
「これ、タモリさんも使っているんですよ~」と。

へぇ~と思い、作るのが俄然楽しみになる。

indira1.jpg

缶にあったレシピをもとに作ってみれば、今までお家でこんなカレーは食べたことないなーという様な、エスニック料理店っぽい、味わい深いカレーができました。私にでも。

料理上手な人は、これをベースにひと手間ふた手間加えてお好みのカレーに仕上げていくのでしょう。
タモさんのカレーも食べてみたいものです。

私も次回は何か足してみようかと思います。
それと、もう少しシャバシャバのカレーにしたい。

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

S&B特製赤缶カレーミックスでカレーを作ってみる [カレーライス探訪]

一度カレー粉でカレーを作ってみようと思い、挑戦しました。

ニンジン入れすぎました。
食べても食べても、ニンジン……

トマトも入れすぎました。
酸味が少々気になります。

「ニンジンだらけカレー」トマト味です。

けれども、カレー粉が優秀なので、食べられるものにはなりました。

currysb1.jpg

そして、食べた数日後に気付きましたが、缶に「新タイプカレールウ」とある。
ルウ!?カレー粉とちゃうやん。

ということで、これを使い切ってからS&Bの赤缶を買い直します。
ややこしい……

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

CURRY家 Ghar(ガル) [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2015年7月5日 【お店の場所】 京町堀 靱公園近く


メニューには、チキン系とビーフ系とポーク系とキーマの4種類があり、チキン系の“チキチキカレー”だけが辛さレベルが「4」。あとはレベル「1」、その間はない。

どうしたことか、たぶん大丈夫だろうとチキチキカレーを注文してしまい、久しぶりにパンチのある辛いカレーを食べることに。
汗を噴出しながら完食には至りましたが、許容レベルとしてはギリギリの線だったかも。

でも、このカレーが私のあとの2食ほどで売り切れになっていたのを見ると、やはり“カレーの醍醐味は辛さにあり”とばかりに、辛いカレー目当てのお客さんが多かったのかもしれません。

ghar1.jpgghar2.jpgghar3.jpg

ちなみに、少し行列ができていましたが、席数が15席くらいあってカレーが出てくるのも結構速いので、店先に5、6人程度なら待ち時間は大したことないと思います。

辛いスパイスカレーが好きな人にはおすすめです。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゼロワンカレー [カレーライス探訪]

【初めて訪れた日】 2015年4月13日 【お店の場所】 谷四 内本町


ここもお店の看板から内装まで、店主さんの個性が爆発。

臆せずお店に入り注文。
今日の定食がチキン系とフィッシュ系の2種類だったので、チキンの方を(1,000円)。

出てきたものは、プレートの上に見慣れないものが雑多に盛り付けられていて少し驚きましたが、冷静になれば本場な感じもします。
と言っても本場を知りません。向こうの人はこういうのを手で食べるのでしょうか……
私はスプーンで。

お米は粒がひょろっと長くてパサパサ感のあるもの。
“バスマティライス”と言ってインドの高級米らしい。
見た目では少し抵抗感がありますが、これがなかなかに美味しい。

全体的になにがなんだかわからなかったのですが、すべてのおかずが味わい深く、ピリ辛とマイルドなカレーも食べやすかったので、スプーンが進みました。

zeroone1.jpgzeroone2.jpgzeroone3.jpg

後日、偶然ここの店主さんがテレビに出ておられたのを見ましたが、開店当時はうまくいかず、お店をしばらく休んで南インドへ修行に行かれたとか。

その甲斐あってか、今や人気店のようです。
私も日本にいながら本場仕込のカレーを堪能できてよかったです。

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - カレーライス探訪 ブログトップ