So-net無料ブログ作成

【神仏巡拝】革堂(こうどう)行願寺(ぎょうがんじ) [霊場を巡る]

[京都三十四番]2017年6月24日 奉拝 (京都市中京区)


急用ができて京都へ。
せっかく来てとんぼ返りはもったいないと、ぶらり。

八百屋さんの店先には旬の京野菜が並ぶ。
万願寺とうがらしも発見。
こやつ、見かけと名前によらず甘いんだ。

koudougyouganji1.jpgkoudougyouganji2.jpg

土曜の朝10時、まだ錦市場の人通りもまばら。
外国人観光客の方々も食べ歩き楽しそうです。

私は錦市場を通り抜け、繁華街の喫茶店で珈琲を一杯。
古本屋さんに立ち寄ったあと、三条の方まで行き昼食。

koudougyouganji3.jpgkoudougyouganji4.jpg

噂のおうどん屋さん(「仁王門うね乃」きつねうどん850円、炊き込みごはん350円)。
すっきりとした旨みが光るお出汁。
お揚げさんもお葱も、おいしい。
炊き込みごはんには、万願寺とうがらしが入っていた。


昼食のあと、お寺参りをする。

行願寺。通称、革堂(こうどう)は天台宗の寺院。
お寺を開いた上人が、鹿の革を身にまとっていたことがその由縁だとか。
なお、その上人、俗人の時に子持ちの鹿を殺めてしまったことを悔いて出家し鹿の革を身にまとっていたというので、自戒の意味を込めてのことだろう。

koudougyouganji5.jpgkoudougyouganji6.jpg

お堂の脇の御朱印所、5年ほど前に来たときは、小ちゃいお婆さんがいたのですが、
この日は若い尼僧さんが一人で御朱印の墨書きを。

koudougyouganji7.jpg

この時期らしく、紫陽花が綺麗に咲いていた。
梅雨の晴れ間、いい気分転換になりました。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント