So-net無料ブログ作成

お世話した人を見送って [写真と俳句と]

エル・グレコ 見上げ危篤の 聖五月
逝く春や 痴呆の君よ 我が妻よ
命の火 消えて窓辺の 若葉かな

290507rinjyu1.jpg
[2017年1月1日(日・祝)15時半頃 病院待合室にて撮影]
「聖五月」・・・カトリックで重要な祭日が重なる5月を日本でこう呼ぶようになったとか。
マリアの月ともいう。 夏の季語
「行く春」 春の季語  「若葉」 夏の季語



大型連休最後の日の朝、知人を看取った。

この数日前、最後に交わした言葉は奥さんことを「たのむ・・・」でした。

たくさんの善い人が奥さんを支えています。
きっと最後のその日まで、奥さんは幸せにお暮らしになるでしょう。
私もずっと気にかけていますので、ご安心を。

故人とは5年半というお付き合いでしたが、
とても濃密で充実した日々だったので、これから寂しくなります。

あなたの90年の素晴らしい人生、その一部に係わらせていただき感謝です。
ありがとうございました。
またあの日のような良い旅をなさってくださいね。さようなら。

290507rinjyu2.jpg

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント