So-net無料ブログ作成

堺の深清鮓(ふかせずし)の穴子のにぎりを食べる [銘菓名物うまいもん]

人からすすめられ、機会があればと思っていたところ、その機会が案外早くに訪れた。

穴子ずしが名物のお持ち帰り専門店、深清鮓(ふかせずし)です。

fukase1.jpgfukase2.jpg

穴子にぎり(一人前税込900円)と穴子箱(1本税込630円)の組み合わせで購入。

穴子のにぎり、ほっぺがぼたぼたと落ちるくらい驚愕のうまさです。
並でこれなら、上穴子は目ん玉が飛び出るうまさだろう。
いやはや恐るべし、深清の穴子ずし……


この日、昼食の約束をしていた友人二人と合流して、阪堺線宿院近くの「ちく満」へ。
私は二度目ですが、彼らは初めて、驚くのも無理はない。
この外観から蕎麦屋を想像できる人はまずいない。

chikuma1.jpgchikuma2.jpg

そして、お蕎麦も変り種。
蒸されて湯気の立つお蕎麦を、生卵を溶いた温かい麺つゆで食するというもの。
面食らう人も多いと思うが、これがなかなかに美味しいのだ。(1.5斤税込1,000円)
友人らも、お店の外や中の様子も併せてお気に召したようだ。よかった。

hachirokuhachi1.jpghachirokuhachi2.jpg

食後はすぐ近く、寺地町の「八六八ビル」でコーヒータイム。
こちらもなかなか個性的なお店。
スコーンやチーズケーキがおいしかった。
それとカトラリー、手作りの風合いがあってよかった。心の中でポチッと、いいね、です。

nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 21

コメント 2

あとりえSAKANA

【面食らう人も多いと思うが】
そうらしいですね。
お勧めしてくれる人と、絶対勧めないと
言い切る人もいます。
今度絶対行く!と息巻いていますが
どうなることやら。
by あとりえSAKANA (2015-12-11 00:20) 

あおき

友人もどこかから噂を聞いて興味を持ったようですが、お店を見たときから「こういうの好き」と目を輝かせておりました。
中のしつらえを見ても、出てきたお蕎麦を食べても終始喜んでおりましたね。
風変わりなお店とお蕎麦ですが、もし機会があるなら行ってみてはいかがでしょう。ブログネタにはなるかと。

by あおき (2015-12-11 08:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント