So-net無料ブログ作成

はじめての東北旅行 5日目 [旅のおもひで]

2012年8月28日(火)

07:20 起床 朝シャン 朝食
08:15 ホテルチェックアウト 徒歩で遍照院へ

大館市側溝の蓋おっ、側溝のフタにまた秋田犬が。






08:25 第十二番札所遍照院に到着 参拝
09:10 秋北バスターミナルからバスで大館駅へ (250円)
09:30 間食 (850円)

JR大館駅舎鶏めし弁当

ひとつも大館名物を食べないで大館を離れるのも忍びないので、駅前で店を構えておられる花善さんで名物駅弁「鶏めし弁当」を購入し、大館駅の待合室でいただきました。

朝食後すぐの間食ですが、お箸が止まらずあっという間に平らげる。天晴れメチャうまでした。

10:14 特急つがる1号でJR奥羽本線碇ヶ関駅へ (900円)
10:32 JR碇ヶ関駅に到着 駅前のタクシーで國上寺へ (往復1640円)

JR碇ヶ関駅ホームJR碇ヶ関駅舎

10:40 第十三番札所國上寺に到着 参拝
11:03 碇ヶ関から列車で大鰐温泉へ (190円)
11:11 大鰐温泉駅に到着 徒歩で大圓寺へ
11:20 第十四番札所大圓寺に到着 参拝 大鰐温泉の町を散策
好きな感じのお店を見つけるも、あまりお腹が空いていない。残念。

JR大鰐温泉駅大鰐温泉平川大鰐温泉の町

12:30 弘南鉄道大鰐線大鰐駅から中央弘前駅へ (420円)

駅員さんに、これから行く最勝院の最寄駅のことを聞いてふと振り返ると、首から身分証をぶら下げた中年男性が私にメンチをきっておられます。

少しいぶかしく思っていると、電車の中でその方が私の前にやってきて、次に行く最勝院までの道のりを、メモ帳に地図を描きながら丁寧に教えてくださいました。観光案内のボランティアの方だったのでしょうか。失礼致しました。

弘南鉄道電車が動き出し、またしばらくしてからそのおじさん(って言ってもたぶん同じ年代)が私の方に来られて、「この電車の吊り革にひとつだけ形の違うものがあるんですよ」とクイズのようなことをおっしゃるので、キョロキョロ見渡してみると。

あった!りんごの中にひとつだけハートが。

きっと、見つけた人は幸せになるんでしょう。はい、そう願う42歳のおじさんです。

その後は特に話すでもなく、お互い満足気な顔で列車に揺られておりました。

最後、終点の駅で別れる際、おじさんは「よい旅を!」と一言。

こういうの気持ちいいですね。なにも差し上げるものはございませんが、最勝院ではあなたのご多幸もお祈りさせていただきます。なむなむ。

弘南鉄道大鰐駅弘南鉄道中央弘前駅ホーム弘南鉄道中央弘前駅舎

13:15 おじさんの言ったとおりに歩き第十五番札所最勝院に到着 参拝
13:50 おじさんが教えてくれたバス停でJR弘前駅行きの循環バスに乗る (100円)
14:10 昼食 (440円)

幻の津軽そばJR弘前駅に着き列車の出発時間まで、駅の「そば処こぎん」で“幻の津軽そば(冷やし)”という私の気を惹くネーミングのお蕎麦を食べる。
この蕎麦、つなぎが小麦粉ではなく大豆の粉だそうです。

駅で幻と呼ばれるお蕎麦を食べられたことは幸運でした。


14:35 快速リゾートしらかみ4号でJR五能線木造駅へ (1,160円)
15:22 JR木造駅に到着 タクシーで弘法寺へ (往復6,000円)
ここに来るまでこんな駅舎だとは知らなかったので、でかい宇宙人にはびっくりしました。

JR弘前駅JR木造駅津軽平野

それにしても弘法寺、津軽平野の日本海側(七里長浜)にあるんですが、この風景を見ると、地図上が真っ白だったのも頷けます。

15:40 第十六番札所弘法寺に到着 参拝
16:20 木造駅に戻る

木造駅前おっ!スペースマン、やっぱり目立ってます。






17:37 快速リゾートしらかみ5号でJR青森駅へ (1,620円)
18:55 JR青森駅に到着 途中、川部駅で乗り換える。
19:10 宿泊先「セントラルホテル青森」にチェックイン (朝食付4,000円)
JR五能線で車窓から見た夕日、綺麗でした。大きな山は岩木山でしょうか。

JR五能線夕景青森駅ホーム青森港夜景

ホテルの部屋からの眺めですが、青森湾、青森港にずいぶん近いようです。

20:00 夕食 (1,150円)
お食事処「おさない」に入る。店内では、角刈りの鍾馗さんが食い逃げを見張っておられます。

お食事処おさないおさない店内ほたてカレーとリンゴ餃子

ホタテ刺身定食を食べたかったのですが、私の前のおねえさんでちょうど売り切れたので、仕方なくホタテカレー(750円)をいただくことに。りんご餃子(400円)は興味本位で注文。

予想どおり、ホタテをカレーで食べるとその美味しさがよくわからない。餃子の方は確かにリンゴの風味があって、あっさりした味わいです。

21:30 ホテルに戻り洗濯 (400円)
23:00 就寝 
青森駅周辺は、港に近い賑やかな街なので、お酒やおねえちゃんが好きな人は、アテなんか最高だし美人も多そうですから、夜も楽しめる街なんだと思います。私は街を少し歩いただけですが、それでも旅情を十分に楽しむことができました。


【本日の旅費】もろもろ入れて20,930円 残りの予算72,640円 雲行きが怪しくなってきた。

共通テーマ:旅行